So-net無料ブログ作成

Pioneer XDP-300R 購入レビュー [DAP]

おはようございます。

新年も明けてすっかり普通の平日になりましたね。

さて。

今Pioneerの”XDP-300R”というデジタルオーディオプレーヤー(以下DAP)が安いのをご存知ですか?
あと数日で値段も戻るというらしい、ので、サクッと購入。




000.jpg
Pioneer(パイオニア)
XDP-300R
価格.com ¥39,358(2017/1/10)



001.jpg
箱。

シンプルです。
同じハイレゾプレーヤーのSONYのウォークマンAシリーズと比べると高級感があります。
あちらはペラ1枚って感じです。



002.jpg
内箱は見開き型。

左手に本体。

003.jpg
右手に説明書と、USBケーブルが収納されています。



004.jpg005.jpg
本体、表面と裏面。

僕はシルバーを選びましたが、正解かな。
高級感があって良い!
黒って、いかにも”DAPっぽい”感じがするので、あえてシルバーに。

あ、ちなみにウォークマンA30シリーズならイエローが好きです笑



さあ、電源を付けていきましょうか。



006.jpg
最初にPioneerとAndroidのロゴが出ます。

007.jpg

008.jpg
言語の選択とか、Androidの利用規約とか。

この辺は、Androidスマートフォンと変わらない感じかな?
僕自身、Android持つのは相当久しくて、Xperia acro以来。

高専時代に、テザリングしたさにスマートフォンを白ロムで購入して使っていました。
最初に、東芝のREGZA Phone IS04を。
そしてあまりのもっさり具合に、1年足らずでXperia acro IS11Sを購入。
かれこれ4~5年前の事で、久しぶりにAndroid触ったら驚き。
今ってこんなにサクサクヌルヌル動くのね。

ずっとレスポンス・操作はiPhoneが良いと思ってたけれど、これなら変わらないかむしろAndroidの方が上だ笑



009.jpg
話が脱線しましたが、とりあえず良い動きです。
ストレスフリーです。
曲送りのときに、フェードアウトになって若干遅いですが、さして支障はありません。

010.jpg
再生画面も美しい。

アートワークの表示方法が選べます。

音楽転送には、MediaGoが使えるので、曲とかジャケットの編集も特に苦は無いと思います。








次に、重要な音質面に関してですが、正直あまりわかりません
普段使いしている、ウォークマンA865よりは格段に上だなあとは感じますが、iPhone+PHA-1と比べるとそれほど変わらない感じです。
音のニュアンスは若干違くて、PHA-1が深みある量感のある音に対して、メリハリある元気なサウンドだと感じました。

あとは、イコライザ等、サウンドエフェクトが豊富なので、弄って試していきたいと思います。

XDP-300Rの特徴の一つである、”バランス出力”ですが、ケーブルがないので、そのうち買わないと…。
バランスって分離をあまり感じられないとか聞くのですが、どうなんだろう。








最後に、DAPを買うのは5年ぶりくらいですが、総じて言うと大満足です。
30000円ほどで買えましたが、元値が70000円~するものですからね。そりゃ良いものです。

僕がこのDAPを買う決め手になったのは、
サイドキー操作が出来る
動きがサクサク
の2点です。

ウォークマンは、サイドキーとか豊富ですが、A30シリーズの動きは本当に酷いもので使えたもんじゃないです。
iPod touchは動きやアプリとかっていう面では最高ですが、ボタンが最低限しかないため、曲送りとかはいちいちポケットから出す必要があるんです。

XDP-300Rの弱点を挙げるとすれば、バッテリーと大きさでしょうか。
これらの点はまだ使い始めたばかりなので、評価出来ませんが、メリットがそれ以上にあるので、僕的には問題ないです。

あえて、兄弟機であるONKYOの”DP-X1A”の比較はしていませんが、今の値段を考えれば価格帯の同じiPodやウォークマンと比較するのは必然かと思います。
コスパ最高です。

何年使えるかな。



では